2021/08/26

猿が教えてくれた収穫時期
過去最多のピノ・ノワールとシャルドネを収穫!

2021.08.26_budousyukaku1.jpg

今年はお盆前から雨が続き、無事にブドウが収穫できるか危ぶまれましたが、お盆明けの816日、雨の合間を縫ってブドウの収穫を行うことができました。

2021.08.26_budousyukaku2.jpg

富有柿の産地で知られる大野町で、高齢化が進み休耕地となっていた柿畑を有効利用し、地域のシニア世代の生きがいの場を作る目的で2012年に始まったPROJECT ORI WINE。現在は10の畑にブドウが植えられ、化学的な肥料 農薬を使わない BIOワイン作りを行っています。

今年は梅雨入りが早く5月・6月は雨が続きましたが、7月中旬から8月初旬にかけては天気が良く、昨年より少し実が熟すのが早かったようです。811日、熟したブドウの美味しそうな香りに誘われてか、猿たちがつまみ食いをしにやってきて、収穫時期が近いことを教えてくれました。

2021.08.26_budousyukaku3.jpg

木の枝を隠れ蓑にしてブドウ園の様子を伺うボス猿

収穫当日は、スタッフ総出で早朝5時より収穫を行いました。比較的気温が低かったものの湿度は高く、雨で濡れた草によって足元の状態はよくありませんでしたが、ベストなタイミングは今しかないと皆で力を合わせて収穫作業を行いました。その甲斐あって、なんと今年は過去最多の収穫量を記録し、ピノ・ノワール191.9kg、シャルドネ229.5kgの合計421.4kgを収穫することができました。

毎年試行錯誤しながら経験を積み重ねた結果、ここ数年は安定して収穫ができるようになり、2019年からはワインが作れるようになってきました。ピノ・ノワールで作った赤ワインは「ROSE ORI」、シャルドネで作った白ワインは「Cloverleaf」と名付けられました。今年は待望のプロヴァンス風ロゼワインも作ります。数ヶ月後に完成するワインが今からとても楽しみです。

2021.08.26_budousyukaku4.jpg

早朝に集合しブドウ園に出発
2021.08.26_budousyukaku5.jpg

作業開始前のスタッフミーティング

2021.08.26_budousyukaku6.jpg

しっかり色づいたピノ・ノワール

2021.08.26_budousyukaku7.jpg

熟して透明度が増したシャルドネ
2021.08.26_budousyukaku8.jpg

収穫しながら、株ごとに収穫した房数を記録します

2021.08.26_budousyukaku9.jpg

31組で収穫作業

2021.08.26_budousyukaku10.jpg

収穫した実は重さを測って選別していきます
2021.08.26_budousyukaku11.jpg
途中スイカの差し入れで休憩を取りながら作業を行いました
2021.08.26_budousyukaku12.jpg

今年もたくさん収穫できました。
草刈りを行ってくれたシルバー人材センターの方々や
暑さの中懸命に手入れを行ったスタッフの努力の結晶です!

2021.08.26_budousyukaku13.jpg

お昼過ぎに収穫終了。お疲れ様でした!

Project ORI Wine 記事

  • 富有柿の収穫

    2021/11/11

    大里研究所では2012年より、富有柿の産地で知られる大野町で、高齢化が進み休耕地となっていた柿畑を有効利用し地域のシニア世代の生きがいの場を作る目的で、ワイン...

  • 猿が教えてくれた収穫時期過去最多のピノ・ノワールとシャルドネを収穫!

    2021/08/26

    今年はお盆前から雨が続き、無事にブドウが収穫できるか危ぶまれましたが、お盆明けの8月16日、雨の合間を縫ってブドウの収穫を行うことができました。 富有柿の産地...

  • ブドウ園で野外授業を行いました

    2021/08/02

    5月28日、大野町立北小学校の6年生を対象にブドウ園で授業を行いました。大野町内での職業体験や、大野町の良いところを知ってもらうことで、地元で暮らすことに自信を...

  • ブドウの植え付けを行いました

    2021/04/09

    大里研究所が行う、「PROJECT ORI WINE」も、今年で9年目。 桜が満開の4月1日〜2日にかけて、約1500坪の土地に新たなブドウ苗の植え付けを行いま...

  • ブドウ園からの春の便り

    2021/04/01

    タンポポが満開のブドウ園 一生懸命蜜を集めるミツバチたち 大里研究所では、化学的に合成された肥料および農薬、除草剤などを使わず、BIOなワイン作りを目指してい...